サポートスリム > 新着情報 > ブログ > その症状は「構造的異常?」それとも「機能的異常?」

その症状は「構造的異常?」それとも「機能的異常?」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

パーソナルストレッチは

体のバランスを整え姿勢を改善させる事が大きな目的

ブログ画像


本来の身体の状態に戻すだけで
・筋肉の柔軟性が向上することによって、肩・首こり・腰痛などの慢性痛の改善
・血行促進により冷え性の改善から血圧が正常化・肌質改善
・内臓下垂が改善され胃腸の働きが良くなり胃もたれや便秘の改善
・動きやすい体になった事によって運動不足の改善やパフォーマンスUPになったり


体に「構造的異常」がない限りは良好な状態に変われます
構造的異常とは
・生まれつき何かが損傷している
・血管が切れてしまっている
・筋肉(もしくは腱)が断裂(損傷)してる
・骨が折れてる 関節が変形してる
などレントゲンやMRI・血液検査などでわかる症状を「構造的異常」と言います

ブログ画像

皆様は病院行くほどじゃないけど
肩・首・腰が痛い(たまに寝違いやギックリ腰をやる)
たまに頭痛がある(市販薬を飲めば治る)
眼精疲労やめまいが出る時がある(そもそも何科に行けばいいのかわからない)

病院に行かれたとしても
原因がわからず「疲れだとかストレス」などの診断され
安静にしててください
など言われたりしたことないですか?

ブログ画像
それは皆様の身体の構造的には問題なし!と言う事なんです!

でも!痛みや苦しさ辛さがあるんです・・・
と言われる方は機能的異常」があるので症状が引き起こされるのです


ズバリ!
ほとんどの原因が筋肉が硬くなってしまってるのです
肩・首・腰の痛みの原因のほとんどがこれです!

筋肉が硬くなってしまうと収縮してしまい関節を圧迫させてしまうので
・ヘルニアや関節炎・40肩50肩
・血管や内臓も筋肉です
・冷えやむくみ・消化不良や便秘なども筋肉が硬くなってしまってるのが原因になります


直接血管や内臓をアプローチする事は難しいので
表面の骨格筋(姿勢を保持させたり意識的に動かせる筋肉)
を柔らかくさせる事で血管や内臓の筋肉(平滑筋)の収縮を取り除くのです


「機能的異常」が継続すると体のあちらこちらに負担がかかり
「構造的異常」になってしまう事があります


今はときどきしか症状がなくてもそのうち慢性的な症状が出たり体が動かなくなってからでは
取り返しのつかない事も


日常から体に負担をかけるような体勢にならないように
【姿勢】を見直していつまでも元気でアクティブに動ける身体を作りましょう♪

ヘルス&ビューティーサロン「サポートスリム(support slim)」
http://www.support-slim.com/


住所:〒311-4152 茨城県水戸市河和田1-1650-4
TEL:029-291-8810

お問い合わせはこちら