サポートスリム > 新着情報 > ブログ > 基礎代謝を上げて太りにくい体質へ

基礎代謝を上げて太りにくい体質へ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

「ネット調べ」

 

基礎代謝とは、

簡潔に言うと「じっとしても消費されるカロリー」のことです。

私達の体は、自分の意思に関係なく、絶えず生きるための活動をしています。

例えば、呼吸をしたり心臓が動いたりということは、寝ている時でも当たり前に行われていますよね。

呼吸をするにも心臓が動くにも、必ずエネルギーが必要となりますが、これを基礎代謝と言います。

基礎代謝は、一日に消費される総カロリーのうち、6~7割をしめていると言われています。

つまり、基礎代謝が高ければ高いほど、何もしていなくてもエネルギーの消費が活発に行われ、太りにくい体になります。

 

「30代を過ぎてからは、ダイエットに励んでもなかなか成果が現れない・・」という方は多いと思いますが、一日の総消費カロリーのうち、基礎代謝が6~7割をしめるのに対し、運動を含む身体活動では3割、食事をした時の熱産生では1割程度しかカロリーは消費されません。

つまり、運動をいくら頑張ってもカロリー消費の大元である基礎代謝が上がらないかぎり、そう簡単には痩せることはできないというわけです。

年を取ると痩せにくくなるとよく言いますが、これは基礎代謝の低下が原因と言えます。

 

自分の基礎代謝が低いのか高いのか、よくわからないという方も多いと思います。

しかし、基礎代謝が低い人にはある特徴があると言われています。

以下の項目にあてはまるものがある場合は、基礎代謝が低くなっている可能性があります。

・手や足の先がいつも冷えている

・頭痛や肩こり、腰痛がある

・生理不順だったり、生理痛が重い

・低血圧

・低体温の方(35.9度以下)

・疲れやすい

・汗をあまりかかない

・顔色が悪いと言われることが多い

基礎代謝の低下は加齢によって起こると言われていますが、その他にも過度なダイエットを行ったり、慢性的な運動不足に陥っている方も基礎代謝が低くなりやすいと言われています。

このため、20代であっても30代や40代と同様の基礎代謝量しかないという場合もあります。

基礎代謝が低いと、脂肪が燃焼されずに蓄積しやすくなるため、太りやすくなるのは勿論のこと、血管が詰まりやすくなって動脈硬化を始めとした生活習慣病を引き起こしやすくなったり、血行が悪くなって冷え症やむくみ、肌トラブルを起こしてしまう恐れがあります。

 

基礎代謝が上がると、座ってテレビを見ているだけでも、立ち話をしているだけでもカロリーが消費され、痩せやすくなります。

ダイエット=運動というイメージがある方も多いと思いますが、運動によって消費されるカロリーは1日の3割程度であることから、基礎代謝を上げる方がよりダイエット効果を得やすいというのは一目瞭然ですよね。

また、基礎代謝が上がることによって、体温が上がるため血行が促進され冷えやむくみの解消にも繋がりますし、体の隅々にまで酸素や栄養が行き届くため、免疫力がアップし風邪などの感染症にかかりにくくなると言われています。

さらに、血行がよくなると肌の細胞が活性化し、ニキビや乾燥といった肌トラブルの予防・改善効果が期待できます。

つまり、基礎代謝は低いよりも高い方が、ダイエットのみならず、健康・美容の面でもとても効果的というわけです。

 

基礎代謝を上げるには運動は欠かせません。

しかし、ダイエットのために運動をしても痩せられなかった方は「運動は意味がないのでは?」と思ってしまいますよね。

実は、運動の中には基礎代謝を上げやすいものがあります。

そこでここでは、基礎代謝を上げるための運動をご紹介したいと思います。

 

基礎代謝を上げるためには、有酸素運動と無酸素運動を行う必要があります。

有酸素運動とは、酸素を多く摂りこむ運動のことを言い、代表的なものにウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクスなどがあります。

有酸素運動を行う時は、息が切れるほどはハードに動いては意味がありません。

なるべく息を切らさずに、より多くの酸素を摂りこむことで酸素が体内に行き渡り、細胞を活性化させ脂肪の燃えやすい体を作ります。

また、有酸素運動は短時間ではなく、ある程度継続する方が効果が高まると言われています。

 

基礎代謝を上げるには、朝起きた時にそのままベッドでストレッチを行うのがよいでしょう。

ストレッチによって、リンパ液や血液の流れがよくなることで新陳代謝が活発になり、代謝がアップするので、1日中脂肪の燃えやすい状態が続きます。

また、朝はどうしても無理という方は、入浴後でも構いません。

お風呂に入って体が十分に温まったことで、筋肉のコリが解れ血行もよくなっているため、代謝アップに繋がります。

さらに、運動の前にストレッチを行うことで、運動時の脂肪燃焼効果を高めるだけではなく、怪我を防止することもできます。

 

基礎代謝の40%は、筋肉によるエネルギー消費と言われています。

つまり、筋肉量が多い人ほどエネルギーがより燃えやすくなります。

なお、筋肉にはアウターマッスルとインナーマッスルがあり、皮膚表面に近く触って確認することができるアウターマッスルの方が鍛えやすいと言われていますが、アウターマッスルだけを鍛えるのではなく体の奥深くに位置するインナーマッスルも同時に鍛えることが大切です。

ちなみに、基礎代謝を上げる運動としてジョギングなどが有酸素運動に含まれるのに対し、筋トレは無酸素運動となります。

筋トレによって筋肉量が増えると、有酸素運動を行った際に燃焼される脂肪率も上がると言われています。

 

 

 

ではこの様に解説されてます

こちらの記事を読んで

よ~しやるぞ~~!!

と思っていただけた方も

 

えぇ~~~~~ 体動かすの面倒臭いよ~~

と思った方もいらっしゃる思います

 

そんな方に朗報! 笑

基礎代謝の40%は筋肉!って書かれてますよね!?

では残りの60%は?

内臓や呼吸で代謝を上げることが出来るなら?

 

姿勢を正しくさせることで、

内臓機能の向上・呼吸が深くなる

お話しをしたことがあると思います!

 

そう!姿勢を正すだけで、基礎代謝が上がってしまうんです

姿勢を保持するために、姿勢筋・呼吸筋を使います

 

僕もこの方法で90kgあった体重が70kgまで減りました!

 

正しい姿勢の取り方

深い呼吸の仕方

を知りたい方はサポートスリムにてレクチャーさせていただきます

 

意識的にできる事と無意識的にできるのは

姿勢と呼吸だけです

普段の生活に取り入れて基礎代謝を上げ

太りにくい体質にしてみませんか

ヘルス&ビューティーサロン「サポートスリム(support slim)」
http://www.support-slim.com/


住所:〒311-4152 茨城県水戸市河和田1-1650-4
TEL:029-291-8810

お問い合わせはこちら