HOME > ヘルス&ビューティーサポートスリム BLOG > 姿勢の話 > お客様とよく話すシリーズ2

ヘルス&ビューティーサポートスリム BLOG

< お客様とよく話すシリーズ1  |  一覧へ戻る  |  お客様とよく話すシリーズ3 >

お客様とよく話すシリーズ2

脚がなかなか痩せられなくて。。。
筋トレしてるんですけど、下腹部のぽっこりが。。。
最近、お尻が下がってきて。。。

など、下半身のお悩みをお持ちの方が非常に多いですね


下半身痩せの場合
脚の使い方!一つで解消します(^^)

歩く時、どこから着地してます?
かかとから!と答える方がほとんどではないでしょうか!

「正しい歩き方」をネットで調べたりすると
「かかとから着地してつま先でけり出しましょう!」
と記載されてるのも多いですし、子供の頃から教わってきましたからね・・・


では!
ジャンプした時どこから着地します??
階段昇る時は? 
ヒール履いて歩く時は? 
滑りやすい場所歩く時は? 
足音立てずにそろりと歩く時は? 

かかとから着地する事ってほとんどないんです!

なぜ、かかとからと言われるようになったのか!?
僕なりに考えた結果
「脚腰を鍛える為」
「太ももの前(大腿四頭筋)を鍛えて代謝UP」
などだと思います。
お客様とよく話すことシリーズ 2_20170220_1
足腰を鍛えたい方はこのような歩き方・走り方でいいと思うんですが
目的はなんですか?
脚を細くさせたいんですよね?
太ももの前の筋肉は鍛えれば鍛える程、筋肉が太くなる性質
お客様とよく話すことシリーズ 2_20170220_2
太ももを細くさせたいなら
「太ももの裏(ハムストリングス)を鍛える」べきなのです!
この筋肉の特徴として
「鍛えても太くならず、持久力が養える」んです!

同じ「走る」競技でも
短距離走の選手と長距離走の選手では、足の太さがまったく違いますよね

太ももの裏を使った歩き方をすれば、
自動的に脚痩せのスイッチが入ったも当然になります!

脚の使い方を正しくする為にも「姿勢」重要になります。
モデルさんのようなスタイルになり
「2度見・3度見される姿勢・ガン見される姿勢」になり
オシャレ(ファッション)を楽しみましょう(^^)/
お客様とよく話すことシリーズ 2_20170220_3

カテゴリ:

< お客様とよく話すシリーズ1  |  一覧へ戻る  |  お客様とよく話すシリーズ3 >

同じカテゴリの記事

お客様とよく話すシリーズ1

 

 

僕たちは立つ!座る!ってしてますよね

 

何で支えてると思います?

普段そんなこと考えたりしないですよね~

 

僕達を支えてるのは

「骨」です

その骨を支えてるのが

「筋肉」なんです。

 

14349726.jpg

 

肩こりや腰痛の原因は筋肉の収縮

(縮こまってしまってる事)

 

それによって骨格の崩れ(歪み)が生じて

「姿勢」が悪くなるのです!

 

images.jpg

 

表面上の筋肉をほぐしただけでは骨格の位置は戻りません

インナーマッスルから伸ばす事によって骨格の配置が正常になり

脊椎・関節の位置が定まり

「正しい姿勢」ができ

 

身体に無駄な負担がかからない!

よって「肩こりや腰痛」など辛い症状が出にくい!

 

となるのです。

 

辛い症状から卒業したい方は

姿勢から見直す方法もありますよ

 


骨盤を整える重要性!

 

骨盤を整える!
って聞くけど、どうすればいいの?なぜ?
とよく聞かれます。
 
僕達の身体と建物は似たような作りをしてるので
例えて話ますので、想像しながら読んでいただければと思います。
IMG_5491.JPG

骨盤=土台
脊椎=柱
筋肉=外壁
だと思ってください。
 
肩コリや腰痛が引き起こされるって事は筋肉になんらかの負荷がかかってるからです
外壁にも負荷がかかってしまえば、亀裂が入ります。
 
負荷がかかってしまってる原因を探ってみたら
柱が傾いてる!
背骨が歪んでる!
って事と似ています。
 
柱は土台から直角にしか出てないのですから
土台が傾かない限りは、柱が傾く事はないので
 
僕達の身体も骨盤が歪まない限り、背骨が歪まない!
背骨が歪まなければ、筋肉に無駄な負荷がかからないので、肩コリや腰痛を引き起こしにくくなる!
と言うことなんです☆
 
IMG_5488.JPG
 
産後の悩みも同様です。
骨盤をニュートラルな状態に戻してみませんか!
 
骨格を正しい位置に戻すだけで
身体が軽くなる
身体が動かしやすくなる
痛みや痺れなどの症状の緩和
洋服のサイズダウン
スタイルUP
仕事効率のUP
などにも期待出来ます\(^o^)/
 
 
IMG_5490 (1).JPG

 

姿勢の癖に気づく!

先日ご来院されたお客様とのやり取り

 

...

脚を組んだり・身体を斜めにして座ってたり・片脚に重心かけて立つ事

気づいたらしてました。。。

 

先生に言われた事を思い出して、正しい座り方・立ち方に気をつけるようになりましたよ♪

 

と(^^)

 

 

日頃、どのように座ってますか?立ってますか?

あまり考えたことないと思いますので

???

と一瞬、頭の中がクエッションになってしまったり

 

友人・知人からも肩が下がってるよ~

とか

歩き方がなんか変じゃない?

とか

 

証明写真を撮影する時に

「顔を真っ直ぐにしてくださ~い!」

など

 

自分では気づいてない

「姿勢の癖」

ってあるんです!

 

s-IMG_1891.jpg

 

 

自分では見えない座り姿勢・立ち姿勢

友達や家族の方に、何気ない姿勢を写真撮影してもらえるとわかるかもしれませんよ(^^)


ストレッチは身体を伸ばすだけじゃない!

ストレッチと言って思い付くのが

s-IMG_4907.jpg
こんな開脚とか腕を引き込んだりするのをイメージしますよね!
 
もちろんセルフストレッチも大切です(^o^)
 
では、トレーナーに伸ばしてもらうストレッチはご存知ですか?
s-IMG_4472.jpg
 

この様に自分では伸ばしきれない所をインナーマッスルまでも伸ばします。
 
また、筋肉だけではなく血管まで伸ばされるので
『血管のストレッチ』までしてます。
 
血管年齢!
と言葉があるように、血管が硬くなると脆くなります。
それが、クモ膜下出血などだと思います。
 
冷え性や浮腫みがある方は血管も縮み血液循環が悪くなってる可能性があります。
 
一度、深部から伸ばすkanekoストレッチを体験してみませんか(^o^)
 
s-IMG_4050.jpg
辛い症状の改善と共にスタイルUP・姿勢が整い
呼吸が楽になるストレッチ!
 
身体を伸ばす=血管も伸ばす=寿命を延ばす
になると考えてます。

姿勢でスタイルは変わる!

去年買ったチノパン
体重は1kgしか変わらないけど
 これだけ余裕が 笑

ブログ画像
やっぱり、「姿勢と呼吸と柔軟性は大切!」

サポートスリムは辛い症状を和らげるだけではなく
「姿勢」「スタイル」も重視してます。

まずは僕自身がお手本にならないと!ですからね♪

秋冬こそ痩せるチャンス!
この機会に永遠のダイエッター・万年ダイエッターから卒業し
来春夏に向けて準備をしましょう☆

s-IMG_4941.jpg

このページのトップへ